園庭で育てていたバケツ苗、みんなで刈り取り、今日は炊いて食べる事にしました。

こんな風に大きくなってきたよね。と先生たちとお米の育ちを振り返ります。

外に貼っておくと見ながら、振り返り…

脱穀の仕方を教えてもらいます。手ではなかなか剥けないんだよね…一粒ずつ拾って‥‥

お米も自分たちでといでみました。「おうちでやったことある」と、米とぎの手つきも上手な子もいましたが、ぐにゃぐにゃと手を動かしてしまう子もいました。

お米が炊き上がる時の煙に「わあ~~~!!」と歓声が上がったり、炊き上がるにおいに、「お家とおんなじにおいがする。」という子もいました。

炊き上がったご飯は各クラスで食べました。

長い時間をかけて大きくなって、バケツ苗からできるお米の量は本当に少しです。みんながお茶碗についているお米、残してしまうご飯にも「もったいないな…」と少し目を向けるきっかけにもなりました。

お家のお手伝いで「お米といでみたよ!!」という子もいましたよ。