なつまつりにむけて…(ぞう組)

今年のなつまつり…。

「お客様を呼べるかな…」と期待していましたが、残念ながらその願いは叶いませんでした。

でも、子ども達の活動は変わりません。

各クラスで少しずつ『なつまつりごっこ』の取り組みが始まりました。

祇園保育所の伝統は、5歳児がなつまつりの冒頭で演舞を披露すること。

今年の5歳児は初めて竹太鼓に挑戦します!

4歳児の頃から楽器に触れ、リズム打ちを経験してきた子ども達。

5月からは両手にバチを持ってリズム打ちを楽しんできました。

そして、今日は竹太鼓に初めて触れてみました。

みんな、ちょっぴり緊張してる!!

先生の声に合わせて太鼓を鳴らしてみたり、バチをぶつけ合う姿は真剣そのもの。

いつものおしゃべり大好きなぞう組さんの顔ではありません!!

「みんなに見てもらいたい…かっこよくなりたい…」

そんなみんなの思いが感じられる姿でした。

1か月後の本番の姿が楽しみです♡